―ガネーシャの憂鬱― 20200410 

 

金融講座47 働かなくてもお金が貰える―ベーシックインカムという考え方-

 

 

 

 ベーシックインカム(BI)とは、簡単に言えば税金とは逆に、政府がすべての国民に対して最低限の生活を送るのに必要とされている額の現金を定期的に支給する政策のことです。日本では国民全員に一定額を支給しようとすると「政治家や公務員のように収入が減らない(!)人間にまで配るのか」と政治家が茶々を入れたという話までありますが、なんとこういう話から最も遠いと思われた米国で、所得制限はあるものの、この混乱で職を失った人に、失業保険とは別に70万円以上(夫婦2人で共同納付している場合)が支給されることとなり、事実上のBIと話題になりました。

 

 BIというアイデアが注目されたのは、人工知能(AI)の普及で仕事がなくなる時代に備え、職を失う人々に生活手段の基礎を提供する手段として考えられたことに始まります。ところが、それ以前に、この新型コロナウイルス・ショックで人々の生活を支えるために注目が集まっています。

 

 ここで所得制限などの疑問がわいてくるかと思います。しかし、もしも税制が確かなら、政治家であれ公務員であれ、BIを受け取っても所得税として返還することになるので問題はありません。もしも税制が確かなら、です。今、問われているのは新型コロナ対策ではなく、私たちの世界あるいは国が人の幸せを目指した仕組みを作っていたか、だと思います。

 

 

 

©2020 Yasuaki Kumai, All rights reserved